原付バイクを自分で修理するときに、工具は必需品です。
原付バイク修理に用いる工具には、どんな種類があり、どのくらいの価格になっているのでしょうか。

スポンサードリンク

原付バイク修理に揃えたい工具

原付バイクを、自分で最低限修理できるくらいの工具をご紹介するもので、ツールボックスフルセットやスナップオンの30万円製品などは、取り上げません。

ドライバーは、大小サイズをプラスとマイナスで2本ずつと、ラチェット・ソケットセットがあると、原付バイク修理には便利です。

ラチェット・ソケットセットに含まれるサイズですが、19・17・14・12・10・8があるセットが理想的です。

メガネレンチでは、ラチェットと同サイズをそろえておくと、いろいろな修理に活躍してくれるでしょう。

スパナは、原付バイクの修理には、さほど必要ないということです。

工具の他のものは、特にこだわりのある修理道具でなくても大丈夫なものばかりで、ハンマーやペンチ、プラグレンチ、真鍮ワイヤーブラシ、ウェスかキッチンタオル、余ったエンジンオイル、油差しなどを、手元に置いておくといいでしょう。

原付バイクのメンテナンスに関する本を、1冊本屋さんで購入しておくと、困ったときにすぐ調べられます。

ホームセンターなどへ行って、以上の原付バイク修理工具を、格安なものばかりで十分なので、例えばラチェットセットは1000円くらいなどで買いそろえていけば、1万円でお釣りがたくさんくるはずです。

修理をいろいろとしていく過程で、足りないものが出てきたら、その時買い足したり、代用できるものも分かってくるはずです。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

原付バイクの修理方法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://t.s-stars.com/bike/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。